FAQ

Q.DMARC

Answer

 「なりすまし」と判断されたメールを受信側がどのように扱うべきかを促す設定

 
 DMARC: Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance
 
 SPFDKIM(作成者署名)をサーバに設定されているドメインからメールを配信し、
 受信側のサーバで「なりすまし」判定された場合に受信側に対処方法を指定します。

 対象のメールを「破棄」,「隔離」,「受信拒否」の3つから対処を促します。
 受信側のサーバやセキュリティシステムなどで DMARCレコードは確認され、
 迷惑メールの判定要素になると言われています。
 
※下記何れかの記述例を貴社のドメインを管理するサーバに記述してください。


 TXTレコード名(ホスト名): _dmarc.自社ドメイン(例:_dmarc.haihaimail.jp)

DMARC認証に失敗した場合の処理TXTレコードの記述例
DMARC認証に失敗したメールに対して何もしない。
日次レポートを記述した自社アドレス宛にメールで送信する。
v=DMARC1; p=none;
rua=mailto:自社のメールアドレス
DMARC認証に失敗したメールの 5% を迷惑メールフォルダ※ に
振り分けるようにする。(※受信者側のフォルダ)
日次レポートを記述した自社アドレス宛にメールで送信する。
v=DMARC1; p=quarantine; pct=5;
rua=mailto:自社のメールアドレス
DMARC認証に失敗したメールの 100% を拒否する。
日次レポートを(自社メールアドレス と 自社メールアドレス2)にメールで送信し、SMTP 不達通知を送信者に返す。
v=DMARC1; p=reject;
rua=mailto:自社のメールアドレス, mailto:自社のメールアドレス2

 ※ 貴社(貴団体)のドメインを管理しているサーバ(DNSサーバ)のTXT欄に記述してください。
 ※ 送信先のアドレスの部分を貴社(貴団体)のドメイン及びメールアドレスに置き換えください。

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ

ご不明な点がございましたら、
右記フォームよりお問い合わせください。

その他のFAQ

キーワードで検索