配配メールについて/概要

詳細機能等については各マニュアルページを参照ください

本サービスについて

本サービス名配配メール(Haihaimail)
サービス開始2007年5月
サービス概要メール一斉送信システム
契約プランLight, Standard, Premium, Bridge

 
 「配配メール」では配信先となるメールアドレスをデータベースに登録して頂き、
 メールを作成すると一回の配信で一斉にメールを送ることができるシステムです。
 
 顧客のメールアドレスを基に顧客を識別しており、配信エラーの管理や分析など
 煩雑なエラー管理も「配配メール」側で自動的に行うことが可能になっています。

サービス提供元

RAKUS_logo
サービス提供元株式会社ラクス(東証一部上場:3923)
本社所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿7F
拠点東京、大阪、名古屋、福岡
ISMS認証JQA-IM1748
プライバシーマーク第20000843(08)号
他提供サービス楽楽精算、楽楽明細、楽楽販売、Mail Dealer、Chat Dealerなど

動作環境(推奨環境)

仕様一覧 - 推奨環境 参照

【 注意 】(必ずご確認ください)

 
上記の OS とブラウザの組み合わせ以外の挙動は全てサポート対象外となります。
※ 複数デバイス、複数ブラウザ、複数タブでの同時操作は不具合の原因になります。

※ デバイス、などの個別環境に起因して、予期せぬ挙動が発生する場合があります。

配配メールについて

「配配メール」ではシステムに登録したメールアドレスに一斉配信することができます。
メールの作成・配信、メールアドレスに紐づく顧客情報や配信結果などを確認できます。

月額基本料は「顧客データベース」に登録された顧客レコード数(メールアドレス)
1か月内の最大件数に応じた従量課金制となり、メールの配信数は関係致しません。
 
また、「配配メール」では以下4つのプランを設けております。
 
・ 「配配メール」 Light
・ 「配配メール」 Standard
・ 「配配メール」 Premium

・ 「配配メール」 Bridge

配配メール Standard / Premium / Bridge のみの機能

 
・ 空メール機能
・ 絵文字・デコメール配信
・ ステップメール配信
・ 複数From指定 
・ Googleアナリティクス連携
・ ABテスト機能
・ 複数ユーザー対応/管理・作成・配信権限
 
※ プランアップをご検討の際はこちらから

オプション機能

 
・ 多言語配信機能(UTF-8形式などでの配信)
・ HTMLエディタ機能(レスポンシブ対応エディタ)
・ 添付ファイル送信機能
・ API連携(旧:外部システム連携機能)
・ 独自ドメイン機能(専用サーバプランのみ)
・ 顧客データベース項目の追加
・ グループ数追加
・ デコメ容量アップ(配配メールStandard以上)
・ STARTTLS対応

 
※ オプションのお申込み方法・お申込書ダウンロードはこちらから

ご担当者名について

 
管理画面の右上に表示されている「ご担当者」名はユーザ様ご自身で変更が可能です。
⇒ 「各種設定」>「システム設定」>ユーザ管理」>「編集」ボタンをクリック
 

バージョンアップなど重要な周知として弊社からお送りさせて頂いている御担当者様、
住所・電話番号など、契約情報の変更に関しては、別途フォームより承っております。

 
▼ ご契約情報の変更フォーム

ホーム

ホーム画面には弊社からのお知らせやメールの配信状況が表示されています。
また、サポートサイトや契約ユーザ様専用のセミナーページへのリンクも設けています。
 

現在の配信状況

ID配信メールのメールIDです。
状態メールの配信状況です。
配信中  :現在まさに配信されています。
配信待ち :配信がタイマー予約されています。
一時停止中:ユーザにより配信が一時停止されています
承認待ちメールは表示されません
配信開始日時・「配信待ち」の場合、配信が予約されている日時です。
・「一時停止中」の場合、一時停止前の配信開始日時です。
件名 配信されるメールの件名です。
配信グループ・「グループ配信」の場合、配信先の配信グループ名が表示されます。
・「スポット配信」.の場合、(スポットメール)と表示されます。
配信数配信先の顧客レコード数です。
形式配信されるメールの形式です。

 
※定期メンテナンス(毎日AM2:00頃 ~ AM4:30頃)時間帯は管理画面での作成や配信は
 可能ですが、動作が重くなる、配信に時間が掛かる、などの事象が起こり得ますので、
 別の時間帯に御対応頂きますようお願い致します。

配信の種類

メールの配信方法は3種類あります。以下、それぞれの違いについて解説いたします。

グループ配信

 

 
「店舗」や「サービス」など、特定の条件で作成した配信グループに対して配信します。
メルマガ登録・解除のための各種フォームを設置でき、最も基本となる配信方法です。

スポット配信

単発(一回だけ)で配信するという用途で利用するイレギュラーな配信方法になります。
 
※「臨時メンテナンスの告知」など、緊急性を要し、全員に送る必要のあるメール etc.
※「スポット配信では解除フォーム(配信停止)機能は利用できません。
 
【 注意点 】
 
緊急性の高い用途で配信することを想定し、「グループ配信」や「ステップメール」で
配信状態が「配信停止」や「配信禁止」の方にも配信されます。

ステップメール( Standard・Premium・Bridgeプラン

ステップメールは配配メールStandard / Premium / Bridgeプランのみご利用頂けます。
 

 
顧客の「誕生日」や「購入日」など、特定の日時を起点として、内容の異なるメールを
指定した配信間隔に沿って順次自動的に配信していく配信方法になります。
 
情報発信系のコンテンツであれば「連載メルマガ」としてメールを配信することができ、
物販系のコンテンツであれば読者はフォローメールとしてメールを配信できます。

顧客データベース

 
「配配メール」に登録された顧客情報は全て(※)「顧客データベース」で管理します。
※「配信状態」は各配信グループ・ステップメールプランで管理しています。
 

「配配メール」の顧客管理は宛先となる顧客のメールアドレスを基に管理しております。
同じメールアドレスを持つ顧客を「顧客データベース」に登録させることは出来ません。
 

各配信グループやステップメールプランから顧客のメールアドレスを削除して頂いても
顧客データベースには残りますので、「配配メール」から完全に削除されたい場合には
「顧客データベース」から削除して頂きますようお願い致します。

クーポン

 
簡単な操作で携帯電話とスマートフォン向けのクーポンを作成することができ、メルマガに挿入して配信もできます。
予め登録されたテンプレートから好みのテンプレートを選び、店舗のイメージに合ったクーポン画面が作成出来ます。

配信したクーポンはクーポン毎に利用数、利用率がレポートでき、効果測定も簡単に行うことができます。

 

配信履歴

 

 
メールの配信先や開封数・クリック数などメールに紐づけられた情報を確認したい場合、
「配信履歴」からまとめて確認・出力することが可能です。


【確認できる内容】

確認できる内容詳細
ID(メールID)自動発番で付与しています。
配信日時配信サーバから配信した時間になります。
件名メールの件名。クリックで内容を閲覧できます。
グループ名スポット配信の場合「スポットメール」と表示
配信数クリックするとリストを閲覧できます。
開封数HTMLメールで閲覧した顧客数(テキスト形式は不可)
開封率HTMLメールの開封率(テキスト形式は不可)
ユニーククリック数どれか1つでもクリックした顧客数
ユニーククリック率メール毎のユニーククリック数の確率
メール形式HTMLかテキスト

 
直近100件の配信済メールのみ 、メールアドレスと紐づく情報を保持しています。
 100件を過ぎますと、配信リストと開封・クリック顧客は閲覧できなくなります。


※ステップメールの場合は
 (ステップメールプラン)>「シナリオ管理」>「各ステップの件名」をクリック

レポート

 

月別最大顧客レコード数の集計

過去12ヶ月間の毎月1日~月末における月間最大レコード数を確認することができます。
月額基本料金における従量課金制の顧客レコード数はこちらで確認できます。
 

顧客レコード数(すべて)の集計

顧客レコード数(メールアドレス数)の推移を確認することができます。
時間別、日別、月別、年別に、レコード数・新規登録数・削除数を確認できます。

顧客レコード数(グループ別)の集計

配信グループ別に顧客レコード数の推移を確認することが出来ます。
対象の配信グループを指定し、フォームからの登録・解除数を表示できます。

HTMLメール開封率の集計

HTML形式のメールの開封率および開封数を確認できます。(テキスト形式は計測不可)
 

開封数・・・HTML形式のメールが開封された件数を計測します。
      同じ顧客に対しては、初回開封時(ユニーク数)のみ計測します。
 
開封率・・・開封数 ÷ 配信成功数

URLクリック数の集計

メール本文内に挿入したクリックURLコードのクリック数とクリック率を確認できます。
 

クリック数・・・メール中のクリックカウントURLがクリックされた数を計測します。
        同じ顧客に対しては、初回クリック(ユニーク数)のみ計測します。
 
クリック率・・・クリック数 ÷ 配信成功数

一括登録・削除の処理結果

過去10日間以内のCSV一括登録や一括削除などの処理結果を確認することができます。 
一括登録した際に登録成功の件数が合わないなど、失敗した際の理由を確認できます。
※既に「顧客データベース」に登録されているメールアドレスは重複登録できません。
 

「レポート」タブ >「一括登録・削除の処理結果」から確認できます。

処理結果における用語の意味

結果詳細
成功一括処理が成功した(上書き登録をした場合も含む)
失敗一括処理が失敗した(失敗した理由も表示されます)
その他メールアドレスが重複している、既に登録済である
配信停止一括登録時に配信停止に変更した

処理結果の一覧画面

直近10日間の処理結果が記載され、数字をクリックすると詳細などがCSVで確認できます。

上書き登録が成功している場合

CSVの一番右の列に「上書き更新」した旨が記載されています(既に登録されていた)

上書きをせずにメールアドレスが重複していた場合

「その他」という欄に記載され、右列に既に登録されている旨が記載されます。

上書き登録をした結果、重複したアドレスがあった場合

上書きをした場合、重複していても「成功」の欄に含まれます。

一括登録に失敗した場合

CSVの一番右列に失敗した理由が記載されます。  

ログイン履歴

過去1ヵ月間のログイン成功・失敗の履歴を確認することができます。

各種設定

マスタ管理・システム設定等、ユーザ管理や基本設定の管理を行います。
各種設定の設定内容については、こちらをご参照ください。