SPFの設定【重要】

SPFの概要 ( 重要 )

 SPF は送信元のFromアドレスがそのドメインを管理しているサーバ以外の送信サーバから
 メールを送ることを許可するための重要な設定(対策)になります。

 
 「配配メール」経由でメールを送信する場合、ユーザ様が契約している送信サーバを
  使用いたしません。
  そのため、SPFレコードにはユーザ様が通常利用する送信サーバのIPアドレスと
  配配メールから送られるIPアドレス情報を記述いただきます。
 ※include:spf.haihaimail.jp の記述に配配メールの送信IPアドレスが包括されています。

SPF の設定手順

 SPFレコード自体を初めて設定する場合

 
 ▼「配配メール」のSPFレコード (こちらをDNSサーバに記述)

 TXT “v=spf1 ip4:送信メールサーバの IP アドレス include:spf.haihaimail.jp ~all”


 ※「送信メールサーバのIPアドレス」はお客様側の送信サーバのIPアドレス等を記述します。
 ⇒「配配メール」側のIPアドレスではありませんので、サポートセンターでは分かりません。

 
 上記の TXT からの文字列をお客様側のシステム担当者またはサーバ会社に共有してください。
 ⇒「DNSサーバ内にTXTレコード(上記の SPFレコード)を新しく設定してください」等と
   お伝え頂きますとスムーズにご設定頂けるかと存じます。

既存のSPFレコードに追記する場合

 既に別サービスなどのSPFレコード(OutlookやG Suiteや GMOなど)が設定済みの場合には
 「include:spf.haihaimail.jp をDNSサーバに追記してください」と御伝えください。

 ※DNSサーバ上に「v=spf1」と「~all」が2つ以上(重複)あるとレコードは無効になります。
  既に別のSPFレコードが設定済みの場合は、既存のSPFレコードに追記をお願い致します。

 SPFの設定に関する注意事項


 SPFの設定は自社のドメインを運用(管理)されているDNSサーバ内で設定する必要があり、
 具体的な設定方法は各サーバ会社などによって個別、管理・規定されております。
 
 サーバ内の詳細な設定方法は外部に公開されていないため、自社のシステム担当者様または
 サーバ会社様のサポートセンター等に「SPFレコードを追記したい」と御伝えください。
 

 ※ RFC(国際的な技術仕様書)により 参照回数は10回まで と規定(制限)されているので、
  参照回数が10回を超えないようご注意ください。

 
 ※ Gmail(Google Workspaceを除く)、Yahoo、iCloud、nifty、docomo、au、softbank、
  などのフリーメーラや共有ドメインでは「配配メール」を問わず、SPFを設定できません。
 
 ※上記以外、一部のサーバ会社様では先方の仕様等により、設定が出来ない場合があります。
  SPFの設定可否についてはご契約中のサーバ会社に御確認ください。

 English Support

 About SPF

サーバ会社での設定例

 以下はあくまで各サーバ会社様の設定の一例となり、弊社から個別の案内は致し兼ねます。
 設定方法の詳細につきましては、各サーバ会社様のサポートサイトやFAQ等をご覧頂くか、

 各サーバ会社様のサポート窓口に直接お問い合わせください。

 A:お名前.com Navi


 ① 「お名前.com」のサーバ管理画面にアクセスします。
 ② 「ドメインの設定」>「DNS関連機能の設定」をクリックします。
 ③ 対象のドメインをチェックして「次へ進む」をクリックします。
 ④ DNS レコード設定を利用する「設定する」をクリックします。
 ⑤ 各入力欄・セレクトボックスを以下のように入力してください。
 ※ 先に「TYPE」よりプルダウンで「TXT」を選択してください。

ホスト名そのまま(何も編集しない)
TYPETXT
TTLそのまま(何も編集しない)
VALUEv=spf1 +ip4:送信サーバの IP アドレス include:spf.haihaimail.jp ~all

 ※「spf1」、「IPアドレス」、「.jp」の後ろにそれぞれ半角のスペースが入ります。
 ※「送信メールサーバのIPアドレス」には貴社(貴団体)側のIPアドレスを記述。
 ※「お名前.comレンタルサーバー」の場合は上記とは方法が異なります。


 ※設定済の値などを修正する場合はお名前.com 設定ガイドをご参照ください。

 B:さくらインターネット

  
 ① さくらインターネットの会員メニューにログインします。
 ②「契約情報」>「契約ドメインの確認」>「ドメインメニュー」をクリックします。 
 ③「ゾーン編集」をクリックし、「変更」ボタンをクリックします。

エントリそのまま(何も編集しない)
種別TXT
DNSチェックする
v=spf1 +ip4:送信サーバの IP アドレス include:spf.haihaimail.jp ~all
TTLチェック不要

 ※設定済の値などを修正する場合は「ドメインのSPFレコードの設定」をご参照ください。
 

 ※尚、 SPFレコードの設定は上記のような各サーバ会社が管理を行っており、設定が上手くいかない等については
  各サーバ会社のサポートサイトまたはFAQサイトをご参照頂きますようお願い致します。

 C:XSERVER(エックスサーバー)

 
 ① エックスサーバーのサーバパネルにログインします。
 ※ IPアドレスを確認する場合は「サーバー情報」でIPアドレスを確認できます。
 ②「DNSレコード設定」をクリックします。
 ③「DNSレコードの追加」をクリックします。

ホスト名そのまま(何も編集しない)
種別TXT
内容v=spf1 +ip4:送信サーバの IP アドレス include:spf.haihaimail.jp ~all
優先度0

 ④「DNSレコードの追加(確認)」をクリックします。

 
 ※設定済の値などを修正する場合は「DNSレコードの編集」をご参照ください。
 

 ※尚、 SPFレコードの設定は上記のような各サーバ会社が管理を行っており、設定が上手くいかない等については
  各サーバ会社のサポートサイトまたはFAQサイトをご参照頂きますようお願い致します。

 D:ムームードメイン(heteml、LOLIPOP含む)

 
 ① ムームードメインのコントロールパネルにログインします。
 ※ IPアドレスを確認する場合は「基本情報」にて確認することができます。
 ②「ドメイン管理」>「ドメイン操作」>「ムームーDNS」をクリックします。
 ③ 編集するドメインの「変更」ボタンをクリックします。
 ④「カスタム設定」をクリックします。

サブドメインそのまま(何も編集しない)
種別TXT
内容v=spf1 +ip4:送信サーバの IP アドレス include:spf.haihaimail.jp ~all
優先度未記入

 ⑤「セットアップ情報変更」ボタンをクリックします。
 ⑥「ネームサーバ設定変更」をクリックします。
 ⑦「ムームードメインのネームサーバを使用する」を選び「ネームサーバ設定変更」をクリック。

 
 ※設定済の値などを修正する場合は「ムームーDNSセットアップ方法」をご参照ください。
 

 ※「heteml(ヘテムル)」や「LOLIPOP(ロリポップ)」の場合は通常、ムームーDNSでSPFを設定します。
 

 ※尚、 SPFレコードの設定は上記のような各サーバ会社が管理を行っており、設定が上手くいかない等については
  各サーバ会社のサポートサイトまたはFAQサイトをご参照頂きますようお願い致します。

 E:バリュードメイン

 
 ※ 詳細はバリュードメインのユーザガイドをご参照ください。
 
 ① バリュードメインのコントロールパネルにログインします。
 ②「ドメイン」>「ドメイン設定操作(登録済みドメイン一覧)」をクリックします。
 ③ 設定するドメイン名の右の「DNS / URL」アイコンをクリックします。
 ④「カスタム設定」をクリックします。 

設定例
a * 123.456.789 (←aレコードの値はユーザごとに異なります)
mx @ 10 (←mxレコードの値はユーザごとに異なります)
txt @ v=spf1 include:spf.haihaimail.jp ~all

 ⑤「TTL」の値を任意で入力し、「保存」ボタンをクリックします。
 ⑥「ダイナミックDNSの設定」をクリックします。
 ⑦「ダイナミックDNS機能」のチェックボックスにチェックし、「変更」をクリック。

 F:Google Cloud Platform(Cloud DNS)

 
 Google Cloud PlatformでCloud DNSを使用されている場合はCloud DNSで設定が可能です。
 詳細はCloud DNS「レコードの管理」をご参照ください。

 
 ※尚、 SPFレコードの設定は上記のような各サーバ会社が管理を行っており、設定が上手くいかない等については
  各サーバ会社のサポートサイトまたはFAQサイトをご参照頂きますようお願い致します。

SPFが設定されているかの確認方法

dmarcian(外部サイト)で確認する

 https://dmarcian.com/spf-survey/

 
 ① ページ内の Enter domain の部分に、該当のドメイン(@なし)を入力します。
 ② 緑色の「Survey domain」ボタンをクリックします。
 ③ Congratulations! Your SPF record is valid. と記載されているかを確認して頂き、
   Record の中に v=spf1 include:spf.haihaimail.jp ~all の記述があれば有効です。
 ※ Warning! Your SPF record is validと 表示される場合はSPFは反映していますが、
   DMARCが設定されていないことを表しています。
 

 
 ※参照:間違いから学ぶSPFレコードの正しい書き方(外部サイト)

Gmail、Yahoo!メールなどを使用して確認する

 Gmailを使う場合

 
 ① 配配メールからお客様自身のGmailアドレスへメールを送信
 ② WebメールページからGmailの受信ボックスを開きます
 ③ 受信した件名をクリック→右上の▽(その他)タブをクリックします
 ④ プルダウンから「メッセージのソースを表示」をクリックします
 ⑤ 受信したメッセージのヘッダ情報とSPFのチェック結果が表示されます

   SPF: PASS ( IP:**.****.***.**)。 詳細

 ⑥ 「spf=pass」となっている場合はSPFレコードの認証が有効です
 ※ スマートフォンアプリ版では確認することが出来ません。

 Yahoo!メールを使う場合

 
 ① 配配メールからお客様自身のYahoo!mailアドレスへメールを送信
 ② WebページからYahoo!mailの受信ボックスを開きます
 ③ 受信した件名をクリック→[詳細ヘッダー]をクリックします
 ④ ヘッダ情報が表示されます
 ⑤ 情報の中に「spf=pass」とあれば認証が有効です

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ