FAQ

Q.来訪管理の仕様変更

Answer

(2022年5月26日以降)来訪管理用のCookieの仕様を変更いたします。

※Cookie:Webページに訪問したユーザ情報を一時的に保存する仕組み、またはそのデータ

従来の来訪管理には、3rd Party Cookieを利用しておりましたが、
昨今のセキュリティ要件の厳格化により、一部の環境(iOS/safariブラウザなど)にて
計測することが出来なくなっておりました。

そのため来訪管理の仕様を変更したします。

新たな仕様では、1st Party Cookie(そのサイトで作成されたCookie)を利用します。
これによりiOS・Safariなどのセキュリティ要件が厳格な環境でも来訪計測が可能になります。

以下、変更内容と仕様詳細となります。
※以降、 3rd Party Cookie での測定を(旧)、 1st Party Cookie での測定を(新)と表記します。

来訪管理の変更手順

(旧)管理方法
 1.エンドユーザがクリック率計測用URL/フォーム経由で登録
 2.配配メールのシステムからCookieが埋め込まれる
 3.エンドユーザが来訪タグ設置ページにアクセスする
 4.配配メールのシステムで来訪が計測される

(新)管理方法
 1.エンドユーザがクリック率計測用URL経由で共通タグ設置ページにアクセスする
 2.配配メールのシステムからCookieが埋め込まれる
 3.エンドユーザが新来訪タグ設置ページにアクセスする
 4.配配メールのシステムで来訪が検知される

新旧の相違点
新たな来訪管理では来訪検知の前に、共通タグ設置ページへのアクセス が必要です。
そのため、共通タグと来訪タグの2つの設置が必要となります。

タグ名詳細
共通タグユーザ様自身のWebページやランディングページ等に設置します
来訪タグ来訪を計測したいページに設置します

(新)仕様詳細

来訪計測のための前提条件
 来訪の計測には、「事前にCookieが埋め込まれていること」が前提条件となります。
 そのため、メール受信者が「クリックURL」にアクセスせず、「共通タグ」設置ページや
 「来訪タグ」設置ページにアクセスしても、来訪結果は計測されません

共通タグ」と「来訪タグ」の設置場所について
 「共通タグ」と「来訪タグ」タグは同一ドメイン上に設置してください

Cookieの保存期間
 Cookieの保存期間は「13ヵ月」となります。
 ただし、Safariについては、ブラウザ側の制限により1日間が上限となります。 

「共通タグ」と「来訪タグ」の両方を設置したページへのアクセスについて
 クリックURLから「両方のタグが埋め込まれたページ」に遷移した場合、
 来訪計測が正しく行われない場合があります。
 ※「共通タグ」によるCookie埋め込みと、「来訪タグ」によるリクエスト送信の処理順序が保証されないため

フォーム経由の登録について
 フォーム経由で登録した場合に、Cookieが付与されないようになります。


来訪タグ設定画面
来訪タグの上限個数がVer7.3より5個→15個へ増加します。
共通タグはデフォルトで発行されております。来訪タグは希望に応じ、作成・発行ください。

共通タグ:コンバージョン計測用と同じものです。そのため、CV計測と併用可能です。

来訪タグ作成時挙動
Ver7.3リリース以前に作成された(旧)タグには「*」が表示されます。
※(旧)タグも併せて、1個とカウントします

Ver7.3以降、旧方式のタグは発行できません

【重要】(旧)来訪タグから(新)来訪タグへの切り替え

(旧)来訪タグは移行期間を経た後、利用できなくなります。
※タグ名の横に 「*」 とついているものが(旧)来訪タグです。

移行期間:2022年5月~10月 ※2022年11月頃 (旧)来訪タグ停止予定

 お手数ですが、(旧)来訪タグ →(新)来訪タグ に置き換えをお願いいたします。
 

 ※新旧来訪タグを同じ画面に設置した場合、一度の来訪で2回カウントされます。
 ※新旧、それぞれについての来訪回数は合算して集計されます。

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ

ご不明な点がございましたら、
右記フォームよりお問い合わせください。

その他のFAQ

キーワードで検索