FAQ

Q.ABテストの仕様

Answer

ABテストを実施する前提

 一般的にABテストを行うには最低4,000件以上の配信先アドレスが必要です。
 
 4,000件未満であっても「配配メール」のABテスト機能にて配信を行うことは可能です。
 ※ A タイプ・B タイプ各2000件未満の場合、アラートが表示されます。
  アラートは表示されますが、テスト自体は実施いただけます。

ABテストでメールが配信されるまで

 手順

  
 「グループ配信」>(配信グループ名)>「ABテスト配信」>「+新規登録」
 テスト名を記入し、テスト比率を10%~90%の間で選択します。

 ※「テスト比率」は配信総数の内、A・B・Winパターンの配信数の割合です。
 ※「テスト比率」を 100% にすると、Win パターンの配信が行われないため、
  「A/Bテストの配信結果」が表示されません。


 例:総配信数:10,000件 比率:20% ⇒ A:2,000件、B:2,000件、Win:6,000件


 「テスト期間」を1時間~24時間の間で設定してください(即時配信は不可
 ※「テスト期間」はAタイプの配信後にBタイプのメールが送られるまで。


 「判定基準」を「開封率」か「ユニーククリック率」か…をご選択ください。
 ※メール形式は必ずHTML形式になります。(テキスト形式のみは不可)


 AタイプとBタイプはタブで切り替え、両内容を入力しないと次に進みません。
 「判定基準」に「ユニーククリック率」を設定された場合は両方の本文とも
 クリックURLコードまたは簡単クリックURLを挿入頂くことが必要です。


 ※AタイプとBタイプが同率の場合はAタイプが本番配信されます。

ABテスト機能の注意点

 配信確定後に「キャンセル」を行うと、そのメールは編集・再送信が出来ません。

 ABテストは「予約配信」という形式でメール配信を行います。
 配信確定後に「キャンセル」するとそのメールは編集や再送信が出来ません。
 ※編集は「配信確定」を行う前に一時保存して頂きますようお願い致します。

 ABテスト機能では権限設定(承認権限)はありません。

 ABテスト機能では権限設定(承認権限)は仕様上、付与されていません。

 ABテストで作成・配信したメールはテンプレートに設定することが出来ません。

 テンプレートにする場合は「各種設定」の「テンプレート設定」で登録頂き、
 ABテスト配信のメールを作成時に差し込んで頂きますようお願い致します。

 判定基準を「ユニーククリック率」に設定するとテキスト形式も必要

 判定基準を「ユニーククリック率」に設定した場合はテキスト形式の内容も
 入力して頂き、且つクリック設定したURLを挿入しないと配信できません。

ABテストでの配信ステータス

 ・「一時保存中」 : ABテストの一時保存中
 ・「配信待ち」  : ABテスト配信の待機中
 ・「配信中」   : ABテスト配信またはWinパターン配信中
 ・「効果測定中」 : ABテスト配信の効果測定中
 ・「配信完了」  : Winパターンの配信完了
 ・「キャンセル」 : ABテストのキャンセル

ABテストの配信履歴

 開封・クリック結果

 A/Bテスト配信における開封率やクリック数の結果はA/Bテスト閲覧画面の
 『✉メール内容を確認する』にて参照することができます。

 履歴の保持期間

 ABテストで配信したメールの開封・クリックした顧客、配信した顧客情報は
 配信グループ全体で直近100件分が保持されますグループ全体で100件

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ

ご不明な点がございましたら、
右記フォームよりお問い合わせください。

その他のFAQ

キーワードで検索