FAQ

Q.洗い替え運用(禁止事項)

Answer

 配信毎に配信リスト(顧客レコード)の一括登録・削除を繰り替えすことです。

 
 配信エラーの累積数や「配信状態」(※)などの顧客情報は顧客データベースに
 登録されているメールアドレスと紐づけて管理されております。
 ※「配信状態」は配信グループごとでの管理となります。

 顧客データベースからメールアドレスを削除されると仮に同じメールアドレスを
 再登録したとしても配信エラーの蓄積や配信停止などの紐づけが解かれてしまい、
 過去に幾度も配信エラーとなったアドレスに送ってしまう可能性があります。
 
 「洗い替え運用」を繰り返すことで、ご自身がこれまで配信していて届いていた
 メールアドレスへとメールが届かなくなってしまう可能性が高まるだけではなく、
 他の契約ユーザ様の配信にも悪影響が出る可能性もございます。
 ※迷惑メール判定されるリスクも高まります。
  
 また、顧客レコードを削除したことで「配信停止」の紐づけが無くなってしまい、
 オプトアウトを申請していたメールアドレスに対して、メールが送られてしまい、
 特定電子メール法に抵触してしまう可能性があります。
 
 そうした懸念から「配配メール」クラウドサービス利用特約第6条(6)により、
 禁止事項に指定させて頂いておりますので、予め御含み置きください。
 
 ※迷惑メール通報を受けた場合や当該行為を弊社システム側で検知した場合には
  事前予告無く、アカウントを停止させて頂く場合があります。

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ

ご不明な点がございましたら、
右記フォームよりお問い合わせください。

その他のFAQ

キーワードで検索