FAQ

Q.文字化けの主な原因について

Answer

 環境依存文字の使用やコピー&ペーストに起因するものが多いと言われています。

旧漢字、丸文字などの環境依存文字を使用している

 「配配メール」は文字コードに「ISO2022-JP」(SJIS形式)を使っています。
 その他の文字コードや環境依存文字を使うと文字化けが起こります。
 
 ⇒ 多言語配信オプションで回避できます。

 環境依存文字の例

 
 「配配メール」問わず、通常の日本語で充てられる文字コードは環境依存文字は
 非対応となっているため、多くの場合は受信先で文字化けすることが一般的です。

種類例(あくまで一例)
旧漢字(異体字)髙、﨑
組文字㍿、㌦
特殊な記号©、Ⓣ、①、ⅱ、3⃣、⑷
絵文字?、☺
半角カタカナㇻ、ㇰ、ㇲ

WEBサイトやWord、Excel等で作成した文字列をコピー&ペーストした

 コピー&ペーストは文字化けを起こす可能性が非常に高いため、非推奨です。

 「配配メール」の仕様に関わらず、目には見えない文字情報が付いてしまい、
 受信先で文字化けだけでなく、形式崩れを起こすことがあります。
 

 コピー&ペーストをされる場合は Windows OSに搭載されている「メモ帳」、
 Mac OSでは「テキストエディット」を立ち上げ、ペーストして頂いたものを
 再度コピーすることで、文字化けのリスクを軽減出来ます。

 ※コピー&ペーストの挙動は原理上、送信側で制御することができないため、
  コピー&ペーストによる挙動や不具合はサポート対象外となります。

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ

ご不明な点がございましたら、
右記フォームよりお問い合わせください。

その他のFAQ

キーワードで検索