FAQ

Q.解除フォームが正常に動作しません

Answer

テストメールに挿入した解除フォームURLは有効化する

 テストメール内に挿入した解除フォームをクリックすると配信解除されます。
 ※送信先のアドレスがグループに未登録だと「登録されていません」と表示

 ⇒テストメールを送る宛先のアドレスを配信グループに登録してください。

「配信禁止」顧客がアクセスするとエラーメッセージが出る

 「配信禁止」顧客が解除フォームURL から配信解除の手続を行おうとすると
 「このメールアドレスは登録されていません」と表示されます。

解除フォームのURLを表示させたい

 解除フォームの URL はメール内に 「 ##__CANCEL_URL__## 」 と差し込み、
 メールを送ると宛先毎に異なる URLに置換され、表示されます。

 解除フォームの URLを自社の公式サイトなどに掲載する等の用途に合わせて
 共通のフォームURLを表示させる設定が出来ます。
  
 各配信グループ内の「登録・解除フォーム(と空メール)の設定」において
 「パターン3」を選ぶと、共通のURLを表示させることが可能です。

削除済の顧客が配信済メールの解除フォームにアクセスした

 配信済のメールの解除フォームにアクセスすると「登録されていません」と
 エラー画面が表示され、配信解除を行うことが出来ません。

スポット配信で解除フォームは使えません

 スポット配信は仕様上、解除フォームを挿入することが出来ません。
※解除フォームのタグを入力したり、コピー&ペーストしても置換しません。

1つの解除フォームを他のグループ等でも使いたい

 各配信グループまたは各ステップメールプランで作成・設定する仕様となり、
 他のグループ・ステップメールプランで使い回すようなことは出来ません。


 複数の配信グループやステップメールプランにて同じ顧客が登録されており、
 何れかで解除フォームで経由で「配信停止」になった際に他配信グループや
 ステップメールプランに同期させることが出来ます。
 

 1:「顧客データベース」タブで「顧客レコードメンテナンス」をクリック

 2:「配信状態の同期設定」にて「配信停止の自動同期」をオンにする

 
 ※ 解除フォームを設けたグループ・ステップメールに顧客が登録されてないと有効になりません。

解除フォームURLはコピー&ペースト・直入力しない

 解除フォームURLは配信毎に加えて、顧客毎にも異なるURLが表示されます。
 URLをコピー&ペーストすると不要な文字情報が付き、正常に動作しません。
 
 また、タグを直接入力された場合も文字情報に誤りがあるリスクがあるため、
 正規の挿入方法で解除フォームURLを挿入して頂きますようお願い致します。
 
 正しく挿入している場合は配信履歴で本文に「##__CANCEL_URL__##」
 記載されていれば正しく挿入されており、 URL が直接記載されている場合は
 別のURLをコピー&ペーストしたことになります(※)
 
※解除フォームのパターンが「3」の場合は URL が直に表示されます。

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ

ご不明な点がございましたら、
右記フォームよりお問い合わせください。

その他のFAQ

キーワードで検索