FAQ

Q.配信リストの件数がグループの登録件数と合いません

Answer

配信リストの数と実際の配信数の差異

 配信リストの件数(登録アドレス数)と実際の配信数が合わないという場合には
 下記のいずれかが原因として考えられますので、御確認願います。

対象アドレスのステータスが「エラー」となっている

 配信エラー累積が3回となったアドレスはステータスが「エラー」と変更され、
 システム内で配信リストから自動的に除外されるようになっています。
 

※ステータスが「エラー」の顧客はデータベース内でピンク色に表示されます。

 配信リストから除外される配信エラーの累積「3回」はデフォルトの設定となり、
 こちらの手順より上限数を最大「5回」まで変更させることが可能です。
 
 ※到達率の観点から上限数を無くすなどの御相談は承ることが出来ません。

対象アドレスの配信状態が「配信停止」か「配信禁止」になっている

 顧客自身が解除フォームから配信解除を申請すると配信グループで管理している
 「配信状態」がデフォルトの「配信可能」⇒「配信停止」または「配信禁止」に
 変更された後、自動的に配信リストから除外されます。
 

※「配信停止」顧客は黄色、「配信禁止」顧客は灰色に表示されます。

 ※「配信停止」「配信禁止」顧客を抽出する方法はこちらをご参照ください。
 ※「配信状態」は各グループやステップメールプラン毎に管理しています。

配信先の「絞込み条件」を設定している

 メール作成時「STEP3 配信リストの作成」画面にて顧客データベースに登録済の
 項目の値を基にして絞込条件を指定している場合、条件に合致しないアドレスは
 配信リストから一時的に除外されます。

配信リストを追加した後の「一時保存」中のメール

 配信リストをグループに追加しても、既に一時保存したメールの配信リストには
 自動で追加されませんので、新規でメールを作成頂くとリストに含まれれます。
 
 「基本設定」の「配信リストを確定するタイミング」を「配信直前」に変えると
 一時保存中のメールに自動で配信リストに追加されるようになります。
 
 ※デフォルトは「メール作成時」を確定するタイミングとしています。

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ

ご不明な点がございましたら、
右記フォームよりお問い合わせください。

その他のFAQ

キーワードで検索