STARTTLS対応

STARTTLS対応(要オプション)

STARTTLSとは

 送信側のサーバと受信側のサーバが TLS 通信に対応していると、メール送信を行った際には
 自動的にSMTP通信が暗号化されるようになります。
 
 一般的にメール送信の通信(SMTP通信)は暗号化しておらず、送信側と受信側のサーバ間で
 通信している過程でメールの内容を第三者に盗まれることが起こり得ます。

 一般的なメール送信(SMTP通信)

 
 メール送信で使う通信を暗号化することで、不正アクセス等によりメール内容を盗まれても、
 メールの内容は暗号化されているので、読み取らせないようにすることができます。

 暗号化したメール送信(TLS通信)

STARTTLS対応 オプション

 「配配メール」では機能追加オプションとして、 STARTTLS に対応させることが出来ます。
 御用命の際は以下で申込書をダウンロード頂き、サポートセンターにお申し付けください。
 ※テストメール、添付ファイルがあるメールは本オプション問わず、暗号化されません。
 

Gmailで受け取った際の違い

 STARTTLS の有無による特徴はメール内容の盗聴の他に Gmail での表示の違いがございます。
 
 暗号化していないメールを受信した際に独自に「赤い鍵マーク」を受信画面に表示させます。
 ※メールの到達率との関係性は「配配メール」を問わず、言及・立証はされておりません。

 STARTTLSなし(赤い鍵マークがつく)

 STARTTLSあり

STARTTLSの注意点

 ①:STARTTLSでの配信は原理上、通常よりも配信速度が若干低下致します。
 ②:添付ファイル付きのメールは暗号化されず、平文となります。
 ③:テストメール(テスト配信)の場合は暗号化されず、平文となります。
 ④:登録・解除フォーム等の完了通知メールは暗号化されず、平文となります。
 ⑤:配信先やグループごとに暗号化の有無と選択するなどの設定は出来ません。
 ⑥:事前にSPFDKIM(作成者署名)の設定を自社のサーバで行ってください。
 ⑦:STARTTLSはメールの到達率を向上させるものではありません。

お客様の問題を解決できましたか?

はい

いいえ